読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜか一番好きでも一番傷つく

日々 本雑誌

ずっと前のことでも、電話の対応で忙しいからなのか明らかに怒っているように聞こえたり、多分疲れてたんだろうと忘れようとしていたけど、また感情的な面を見てしまって、なんであの時やあの時もあんな風に怒ったような態度で言ったのかな、とか、

それなのにわたしが異性を知ってる知識で支援しようとしたというか話したことが多分後でわかったんだろうけど、その人に対してもなんだかいつもと違ったり…。いちいち反芻しては動揺している。一緒になってもそうやって怒ったりするのかなぁとか。ひとりで考えすぎて涙が出るというか。だれとも付き合っていたりとかないですが…。

誰が一番合っているんだろうと思っても、相手の想いに引きずられていたところもあるけど、一番好きだと思っていたけど、一番不安定になるのがその相手の態度を思い出してだったり、なんだか本当は感情で暴走してただけだったのかなぁとか。

わたしは、ずっと一緒にいるなら一貫して穏やかな人がいいなとか。怒りをぶつけられるのにすごく弱いので、好きな気持ちがあってもだめかもしれないとか。ただ恋愛感情とかドキドキするとかはないけど逆に会話で精神的に安定する人も同時にいたりと。会話で感情が同じことに興味をもってとか合わせられて、同じレベルで笑えたり不自然にならないのがほんとは第一条件なのかもしれない…。

スピリチュアル・パーゲイション(浄化) 出会いの奇跡・別れの軌跡

広告を非表示にする

12月

日々

12月にひとつの恋に区切りがつくって…当たってるかも…。ゲッターズ飯田さんの占い本を再読してみました。だからといってネガティブすぎていいほうに流れると思えなくて、少し泣けてきますが。自分が何をどうしたらいいのかわからなくて。

ただ今月か来月にはやるべきスキルを身につける動きをはじめるつもりなので合致してるかも。これを続けることだそうです。対人の中に入っているより単独行動できる仕事にしたいです。対人のいろいろな作為を感じ取ってしまうと仕事に集中できないから。

なんか心理を扱う人でもなってないなって人けっこういるよなぁ…。「さすが主婦」とか誰もが言われてうれしいとほんとに思ってるのかなとか。しらじらしい褒め方に嫌悪感を感じるタイプのわたしは主婦だったとしても言われたくないなぁ…。それに自分が仕事してるから実のところは気楽でいいわねぇとか嫌味なの?と裏を勘繰ってしまう…。それに他の関係ない人に関係ない人が、自分の了解なくプライバシーを勝手に明かされてる感。

輪の中に入っているからといって、誰にでもあからさまに自分のこと知らしめたくないですし。なんかその褒め方KYだなって思うってわたしがおかしいのかなぁ…。友達同士じゃないとしたらどちらかというとオフィシャルな場だととらえる人も中にはいるだろうし。ただ1対1でほんとにそう思うんだったら率直に言っていいことだと思いますよ。でも皆の前で言うことじゃない。と私は思ってしまう。

普通にキコエルとかもほんとに皆の前で大声で言われたくないからほんとに嫌だと思いました。聞こえなかったら他の不具合はどうでもよくて、なにが問題で寝込んでいるのかも聞きもしないってほんとは人に関心ないのに仕事してるんだろうなとか。

それとか会話のトレーニングにでたいとすごい昔にわたしが言ったとき◎◎さんには合ってると思いますよと言ってたけど、その言い方ウエメセが隠しきれてませんねというか、裏でジャッジされているんだなというのがすんごいでてますよねとか。わたしがコミュニケーション下手だと勝手にジャッジしてるんだろうなとか。まぁ勝手にご判断してください。わたしは世間話は打ち解けた人としかできないので。

根本的にどういう言い方で返すというより、裏表が感じられる人が苦手なんだと思います。だいたいおだてりゃいいとか、裏があるとわかりますし。その服いいですねとかいう表面的な会話が大嫌いだけど(おべんちゃらでいいと思ってない可能性もかなりあるから)、

そういうおべんちゃらが一切なく、共通の専門分野の話を惜しみなくしてくれる方とはこの前何時間も数名で話し込んできました。全然年代が違っても問題ない。服が特別その人に似合ってると思ったときしかほめないし、誰もが裏を感じないとも限らない。服なんて自己満足の世界じゃないですか。あえて触れる必要あるのか…。わたしは安くて自分の体系にあってるとより価値を感じるけど。

それに特にこの人は決定的にないなと感じたのが、けっこうなトラウマ的なことに勝手にどう感じたか自分の知識で先回りして押し付けてきたことです。こういうタイプの人以前かかってた精神科医にもいましたが、経験上あまり悪いけど質がよくないと判断しています。クライアントに対して、こうだからこうなの「かもしれない」と断定しない言い方ができる人は問題ないと思います。(実際こういう風に表現してくださったカウンセラーさんから押し付けられたとは感じなかったから)

そういうことは押し付けられる自体がすごくしんどいし、どう感じたかわからないくらい苦しかったことなのに、いきなりどう感じたか言われて、ものすごく押し付けられた感じがしました。横から先に言われると、ほんとうに自分はどう感じたかが逆にわからなくなって混乱しました。今も混乱たままですが、その人に相談する選択肢はまずないので放置してます。

おそらくその方は自分の勉強してきたことに自信があるんでしょうね。ただ、どんな分野でもその常識が新しく研究された結果、覆ることはいくらでもあるから自分がどんなに専門分野を持っていても、その専門分野すらすべてが覆るくらい間違いの可能性もあることをどこか疑っているくらいがちょうどいいのだと思いますが。

だから常に新しい本を読み続けるとか、知った気になって、得意にならないとかも絶対必要。それにお勉強ができる人が価値があるわけじゃないですし。その勉強した分野の言ってることが根本的に間違ってるのに習得した場合もあるから…。心理学とか教育学というのかこういう分野は本来は本質的な間違いが許されないはずのわりにはかなり早い段階で誰かが新しい説を出したり、覆りますよね…。教育系だったらゆとり教育の是非とか数年で…。

女と男のだましあい

日々 本雑誌

女と男のだましあい―ヒトの性行動の進化

女と男のだましあい―ヒトの性行動の進化

女と男のだましあい―ヒトの性行動の進化

そもそも男性と深いかかわりがなかったので、今まで男女差を意識したことがなかったので今こういう本が気になるのだろう。だましあいというより進化心理学に属するのだろうけど、とにかく生物的な進化の結果として考えられる男女の欲求の差を研究した本っぽいです。男は女に何を求め、女は男に何を求めるのかというような。

広告を非表示にする

情緒不安定

日々

人前では泣かないようにしてるけど、情緒不安定で泣きたくなることが多いので、無駄に歩いてみたり、とにかく気を紛らわそうとしていたりします。

お金を稼ぐにはわたしは人とのしがらみが最小限のほうがあってるかもしれないなとも思ったり。デザインなら金額も1個に集中してもほどほどにいくから、貧乏でも学費に充てられそうだし、消耗も最低限だろうし。あんまり無理して人の中で仕事しないほうがいいのかもとか。

わたしはそうしないといけない気がしたリもしたけど、人に対しての気持ちとかがそれによってなくなるとかは今まで生きてきてなかったですし。こもっていてもそれほど問題ではないかも。ちょっとの貯金でネットでデザインの勉強してその後習得したらネット上で試行錯誤で仕事もらってくような。場所に縛られるのもおそらく耐えられなくなる。

おはようございます。

日々

意味もなく、4時くらい起きです…。最近6時間くらい寝るのが限度です。

あぁ…目標が定まらない…。自分の中で意義のあることはたくさん見つかってくるんだけど、どれも不誠実に息短く取り組むつもりはないし、金を稼ぐのが最優先なのか…。座学系の勉強することなのか…。絵も描きたい。よくばりすぎなのか。

その中の2つくらいなら金を稼ぐのは思うようにいかなくても、最低額稼ぎながら、その金をつぎこんで、金のかからない大学に行くとかできるかもとかも思うんですけどね。まだ30代なら貧乏しながら勉強しても許される気がするし、今が一番病気のリスクも少ないし。未来に備えるより今に投資したいというか…。

別に美容に投資とかじゃなくて、するなら勉強。というか、親にこの職業はどうだとか昔は言われてたんだけど、とてもじゃないけどまだ勉強できるような時期じゃないと自分の体を判断すると思っていたけど、勉強できる状況にそろそろなってきたなというのが。期が熟した気がします。期って漢字あってるかな…。

それも、自分の適性じゃないと思ったら、そこまでなにがなんでもの職業のための勉強じゃなくて自分の身にするための勉強がしたいと思っていて。福祉とかでも向き不向きがありますからね。対人になると、特に適性というか…。でも勉強しておくに越したことはないというか。やっぱりできるかはわからないけど、昔テレビでやってたユマニチュードとかは気になりますよね…。ただの介護の技術を習得するより本質的にこれは重要だと感じた。

今置かれてる状況に振り回されすぎというか、男性に意識されたら恋とか結婚とか寂しさにふりまわされ、家に戻れば、やるべきことを考え、でもどれを優先すればとか考えすぎてしまい、思考がしっちゃかめっちゃかな状況。こんなに思考がとっ散らかってるのに、自分がやるべきと決めたことを全うできるのか実は自分を信じてないところも…。

失敗のが怖いというのももしかしたらあるのかもしれないけど、10代20代どこか自分に幻滅することばかりだったので、自尊心を高めたいとかいうより、これ以上自分に幻滅したくないというのも…。わたしは全うしたからと言って自信がつくタイプではないので。

それにそれなりに時間やお金を投資するからには、中途半端に終わるわけにはいかないんですよね…。もう人生の残り時間を無駄遣いできない、けど今まで精神力が足りなくて自分の中で挫折感を味わってばかりだったのでまただめなんじゃないかと極端に慎重になってきている。いつの間にか成長してるかもしれないなぁって最近は気付くことも時々はあるけど、何気なくやってた料理とか、コミュニケーションとかが円満にまわりと関われるようになったり。

広告を非表示にする

普通に恋愛とか結婚に

日々

妥協はできないですよね…。出会ってしまったとなったら尚更。なんでこういう越えられない壁がある人と出会ってしまったんだろうかとよく泣いている。本当に寂しさを感じますね…。誰にもあきらめろと絶対言われたくもないから誰にも吐き出せないし。隣にいるのが誰でもいいわけでもないし。

逃しても逃さなくてもいろいろあるんだろうなってなんとなくわかったし。いちいち死にたいと騒いでいた頃よりそこまでは思わなくなったけど、実際、この世界ってなんて矛盾に満ちた世界なんだろうってすごく思うようには以前からなりました。わたしほんとに死んだら帰る場所があるのかなとか。

することないから

することないから

することないから戦争しよう…

広告を非表示にする

あぁ…

日々 本雑誌

男性たちも女性たちのようにサポートしあってくれ。競争ではなく敵をなるべく作らず、気の合う人だけでもいいから、まったり茶飲みとかしないのか…。男と女って脳の作りとか根本的に違うんだなって最近かなり自覚してる。男性ってホントにハンターの本能があるみたいですよね…。

いや、女性から見ると火花散ってると怖いというか、逆にわたしって、いないほうがいいのかなってなるよ。いつも穏やかな人なはずなのに殺気を放っているように見えると正直なんか違うような気がしてくるよ。特にだれとも契約を交わしていないし…。

ただ、その場で埋没している存在であればそれでよかったのだが、私自身居場所がわからない。居場所を変えたところであまりいいことがあるようにも思えず。年齢が解決するんやろか…。わたし正直全然老けないんですよね…少しは顔だけにはたるみも感じることもあるけど、ほうれい線とかもなぜかできないし。全く手入れしてなくて。学生さんに学生さんですかって言われる。あまり体を見てもたるみを感じず。

お風呂は毎日冷えたと思った時点で、気分でぽちゃん浸かりくらいはしているし、一応髪くらいはエチケットだし、いい匂いをさせようと外出前の前日は特に丁寧に洗いはしますが。今日は、役所へ行って、洗濯くらいしかしませんでした。ロダンになっていてやっと干しました。本を読んだりもしました。暖かったですねわりと。

男女の怪 (だいわ文庫)

男女の怪 (だいわ文庫)

男女の怪 (だいわ文庫)

阿川さん目当てで。男性はご飯食べさせときゃ大人しいって…。自分で作るっていう選択肢はないんかいっていう阿川さんのツッコミ。わたしも最近そう思います。男性ってわりと家事を誰かにやってもらおうと思うみたいだけど、わたしはひとりになっても重いものを運んでもらうにはとかは思うけど(宅配で解決する問題…)、家事とかはそうはあまり思わないのでギョッとするというか。

もっと自分の身の回りのことを自分で何とかしようと思わんのかいとストレートに言えるものだったら言ってしまいそう。父しか知らなかったから、母がわたしはあんたの母親じゃないと父に言いたくなる気持ちは正直わかる気がする。

家事は洗濯ひとつでも、洗うから干す、取り込むまでの一連の一から十までやり切れて家事だと思っているので、わたしは親にやっているうちに入らないと言われても半分以上そうだなと思ってる。でも男性の場合一部分が大きなやったことで手柄であるらしい。

うちの父親も小学生のころ日曜日にたったの2回くらい気分でご飯作ってドヤ顔してたり、中学生のころほめてほしいんだろうけど、食器洗いしてたけど、わたしだって小学生のころから食器洗いとかもやってましたしね…。女性陣誰も褒めませんよね…。

でも自分の父親が子供なんじゃなくて、男性はだいたい子供なんだなって…。男性の場合逆に褒めて伸ばさないとくらい思ってないとダメなんだなって。家でゴロゴロするのなら家事をやるかっていう発想にならないし、料理習っても、家で自分で再現する人90%くらいの確率でおそらくいないんだろうなって…。だから誰かの気を引こうと思って興味あるふりする人とかもろにばれます。実際料理全般できる人は空気のようにやってる男性もいるけど。

結婚って、結局、飯炊き女、家政婦、母親役を求められた場面で潔くなり切れるかなんだろうなぁ…。どんなに男女平等を謳ったところで、なぜかそうなるのがほとんどの現実。しなくてすむならどっちとってもいい気がする。鋼の錬金術師的な、等価交換でないとというか、

男性からのリターンがほぼないのにずっとやるのはけっこうキツいよね。金銭的に満たされても(男性は金銭を得ることで自分もある意味逆に、消耗するよりは役立ってる感がして自尊心が満たさるし健康だとそのサイクルをできる限り繰り返してしまうっぽい気がする)

精神的にはなにもなかったら、なんのために生きてんだってことになるよね。この人ほんとに考えていることが丸見えでわかりやすいところが子供みたいだけど、尊敬できるか、愛せるか、この人のために動く気になれるかなんだろうな…。

わたしはどういう生き方をしたいんだろうね。普通に結婚してずっと家事労働とかやってきた前世が私の場合ある気がするんだど…それか下女的な。家に入った単調なルーティーンがある程度予測がつくというか。だいたい男性のほうが病気になり世話してるようなビジョンが…。そうなってでもその人に自分の時間を捧げたいとい感じる男性がいるかというのが。

わたしが楽したいからというより、わたしがぽっくり死んだら何もできないような男性とは怖くて結婚できないから、(死んでまでハラハラと見守らないといけないなんて苦しすぎませんか…笑えるけど…実際切実になると笑えなくなると思う。わたしは相手が死んでも生きてるかもしれないけど、相手が気落ちしてうつになって自暴自棄になってとか)家事を教えたら素直にやってみようとか続けようとか従ってくれる男性であるかなぁとか。

いや、私自身も相手を喪失したときの怖さはあるんだけど、逆に男性の弱さを感じると、自分が残った場合はなんとかなるなと思うんだけど、もし一緒になった時わたしが先に死んだ場合を想像してしまうんです。男性って、パートナーというよりだんだん息子に近くなる場合もあるんじゃないかなって。でもお互い別々でも、もともと心が通わない人と一緒になる気はないし。

あぁ…

日々 時事

来年は戦争になりはしないだろうか…。ananかhanakoで江原さんの年明けの世相のコラムを毎年買ってるけどやっぱり今年も買うだろう。戦争にならないほうに向くことがむしろ不自然な流れなってる感じしますよね。わたしは望んでなくても普通に予測したら戦争になるだろうと予測がつく。

広告を非表示にする

バイト…

日々 本雑誌

何気なく開いたバイト雑誌、近辺ではない駅だけど、よさそうなのがあった。今すぐではなく、まず習い事に行けるようになったら入れてみようかな…。考え中。

いちいち書いてないけど、やっぱりゾロ目を見まくる日々…。昨日も1回じゃなかったけど、お風呂につかってて11:11とか。特に夜は多いかも。

現在155cmで52kgくらい…。なんとなく量ってるだけで、あまり食べないですが、40kg台にはならないです。20代のころはだいたいやせてても47kgくらいだったんですが、45kgくらいの時でも30kg台なんじゃないの?と同性の子に邪推されたりしていました。

坂下千里子とを高校のころ知らない人に言われたというのも。いや、わたしそれほど身長高くないから体重的にはやせすぎでもなかったはずなんですけどね。10代とか、多分古本屋までとかすごいチャリンコ鬼こぎする日々でしたし。

47kgでもやせすぎとか言われるタイプ。50kg台越してから、太ももとかがむっちりしていいと(同性の人に)言われたけど、普通の体系としては美容体重よりおそらくかなりある。多分運動してるかしてないかの違いだと思います。

体重減らないかわりに筋肉の重みがつくし、サイズアップは特にはしない。55kgくらいいくとやや肥満だった気がしますよ、短大の健康診断で。その頃入院して体がなまっていたので同じ体重でも明らかに太った感じだったんですが…。やっぱり運動してるかしてないかはかなり違う。

短パンとかもタイツとかレギンスありなら着られるんだけど、外に出ると後ろからでもガン見されてるのがわかるので、買っても履けなかったりします。自由に楽しみたいけど…。別に視線を浴びたいわけではなかった、見られてるのがいい意味じゃないとわかる分。めずらしく家族に似合うと言われた短パンもあったんだけど。

PMS治療正直してよかったです。めちゃくちゃ楽になった…。なんであんなに苦しいのに耐えてたんだろうってくらい。楽な人はこれくらい楽に生きてたのかぁ…。知らんかった。皆苦しいけどふんばっているんだと。

そりゃあ、皆たいてい当たり前のように働けるよなぁ。以前のままだったら普通に今との違いに白いタオル場外から投げ入れてあげるレベルだし無理だとわかるくらい。月経前症候群や生理の重い人一度婦人科にかかったほうがいいかもです。生理が来てもしばらく頭がふらっふらとかあんなに苦しんでて馬鹿みたいでした…。

わたしの場合の人生が好転する理由⇒「きちんと治療する」

恋愛でも仕事があれば好転するわけでなく、体調的にまず動ける自分を作っておく。恋愛も仕事も自分次第であって、たまたまうまくいけば好転って短絡的だと思う。ほぼ自分がどう捉えて判断して動くかにかかっているだけだったり。

地味に自分の調整をしていける能力が最初から最後まで必要なんだと思う。要るのは突出した能力ではない。食事に気を付け、健康に気を付け…とか基本的なところ。そうしないと様々な興味や焦点を絞った時に発揮すべき集中力にもっていくまでの基本的な土台を作れない。

スピリチュアルワーキング・ブック (王様文庫)

スピリチュアルワーキング・ブック (王様文庫)

スピリチュアルワーキング・ブック (王様文庫)

読み直している。納得。だけどもっと仕事のことは固く厳しく書いた本も少し読んでみたい。もちろん、この本も平易に書いてあるけどけっこう厳しい。でも私みたいに働くことに二の足を踏んでいる者が読むのにもっと厳しいこと書いてあったら、放棄してしまうかな…。

人間の絆

日々 本雑誌

人間の絆―ソウルメイトをさがして

人間の絆―ソウルメイトをさがして

人間の絆―ソウルメイトをさがして

私に限ってはスーパーコンピュータ以上の出会いなどないだろうし、期待しないと思っていたけど、結婚は狭義の類魂とか、あまり近しいとか導きとか頭を素通りしていただけなんだけど、どうもこの人は狭義に属しているんじゃないかっていう方がいくら立場の違いとかで、とにかくもうあきらめようとしたり、打ち消してもやっぱりいて、

でもこの世的に言うとドラマティックすぎる立場の違いだったり、それでも話が合ったり優しい人だなと思う人は何人もいるけど、わたしとしてはその人以外の人と一緒にいるのは考えられないなぁ…とか思ったりと。つい読んでしまいます。

わたしもほんとは相手が好きで、相手もわたしのことを見てくれるのなら…もうその人しかいない気がする。ただ、うかつに個人的に動いたりすると逆に周囲からの逆風が吹きそうだし、動けないです。ただ簡単に動けない障害があっても強烈にずっとその人のことが気になる。もうあきらめたほうがいいし、違うんじゃないかと思ってもいつも隣にいてくれることを夢見てしまうのはその人だったり。

努力した覚えはないし、自分自身独身のままでいいと思っていたけど、もし本当に結婚がカリキュラムにあるのなら、今でなくてはいけないタイミングで、いや、この人だよ!というメッセージというか、知ることがどんどん重なって、食べ物の好みの違いとか、いろいろあるけど、やっぱり好きだなぁと。

最初その人がなにげなく言っていた言葉も覚えているし、人に与えることが苦にならない人だなと。普通ならわたしは外に向かって自分を表現しなかったし、そもそも肯定的にとらえられることがないと思っていても、その人もわたしのことを知ってゆく。

今まで本当に、異性にわたしを理解して肯定しようとしてくれるような度量がある人はいないと思っていた。恋されることはあっても、その人がわたしを理解する、しようと心を砕くとは限らない。

孤独の向こう

孤独の向こう

最近

日々 本雑誌

ちょっと女性を見る目がやばい老人との遭遇率が高いような…。男と女の違い系の本を読んでいろいろ知ることがあるけど、パートナーが生殖可能じゃなくなる時期に男の場合新しい生殖可能な女を探すようできているというのも書いてあった。だから案外歳行ってる人もやばいのは科学的でもあるらしい。あまりわたしの勘違いでもない、かも。

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)

女が男を厳しく選ぶ理由(わけ)

ナンパ師というのが実際いるらしく、女が誘いに乗らなければほぼそれで済む話なのだけど、女性としての進化では、女は何人もの男とセックスするようにはあまりできていない、男は違うけどというのがあるみたいで、でもなんでこんなに遊びでセックスできる女性が増えたのか謎だ…。

女性で次々と相手が変わるような人とはあまり話が合わないので疎遠になってしまうし心理がわからない。それにそういう女性はたいてい男性といたがるので、女友達と会う時は都合の良い自分の今を自慢したり愚痴るための相手なのだ。自分本位な人も多いので敬遠されていることに気付いてない。

デキ婚した子もそんなタイプ。デキ婚自体はいいかもしれないけど、既婚者ばかりを好きになるとか以前言ってた子なので、感情で恋してセックスして結婚して…後後どうなるかわたしにはだいたい想像がついてしまうので…

恋愛には向いてるのかもしれないけど、どうもそういう人は結婚向きの性格には思えなくて。でもそういう、結婚生活というか人との共同生活、大丈夫なのかなと人のことなのに心配になってしまう性格に感じる人こそたいていすぐ結婚して子供を持っている、わたしの周りでは。

この本はガチガチの進化心理学とか、科学系の本らしいけど、そういうところにスピリチュアルなとこも自分なりに混ぜると、肉体の本能だけを見れば種の存続を追ってるだろうけど、どうも本当の進化はそれだけだとは言えないかもとか深みが出る気がする。この本も科学では、動物としてだったら親が子供に向けるのはわかるけど、子供から親に向ける愛は証明できないらしい。

まみむめも…だったかな…

そういえば、わたし初めて言葉を話した時何を話したの、と親に聞いたら、まみむめも…だったか、とにかくあいうえおの中のどれかだったらしい。なにを話しかけていたのか今でも笑えてしまう。普通お母さんとかママとかまんまとかじゃないのかと想像したので。いや、普通最初にそんなこと口走らないだろ、と思ったんだけど…。

これからやること探してる…

日々

改めて、絵を描くことも捨てたくないし…。なにかをしたらなにかを捨てないといけない。体調がよくなったり、定期的に行くことを目標に短期集中講座にいってみようかなとかいろいろ考え中です。半年とか長期になっちゃうと月謝もかかるから厳しいっていうのもあって。資格取りつつ、そちらもいって、普段行く場所にもいって。

みたいな生活をしばらくしてみようかなとか。でも休んじゃいけない講座、出られるかなぁ…。うーん。もうちょっと数か月様子見てみよう。絵の教室はわきあいあいしてるに越したことはなくても、それがなくても描く作業に集中すればいいから、挑戦することに怖くはなくなりました。

というか、数か月も待っていられないかも。もう募集がかかっている。ずいぶん体調がよくなったから挑戦してみようかな。絵描きたくないとかわがまま言ってもやっぱり、自分は描かないと張り合いがなくなるし、他の先生だとまた違う教え方なさるだろうから、知らない部分も吸収できるだろうし。

北斗さんご復帰おめでとうございます

日々

おぉ…!今から見る。健介さんやクリスさんもローテーションしてほしいです^^

ひとつの好意を手放してしまいました。誰とも結果的にダメでもそれはそれで生きていけばいいと思います。多分連絡先を率直に聞かれたら答えていたかもしれません。多分これからまた会うことはないだろう。

同時に他の人もわたしの挙動を気にしていて、やっぱりさりげなくガードされていたり、なんでこうなったのかがやっぱりわかりません。でも好意が集中するとわたしにとってはけっこう苦しいです。

いざもし仕事関係でそういう風になっていったらかわすのがもっと大変になるのかなとか、いろいろ考えてしまいます。これからも自分も傷つくとわかっていて出ていくのかなぁ…。

なんだか家にいるときロダンになってて1日中片付けすらしないで考え事してるっていう…。家にずっといたときより、活動の切り替えができなくなってきて。

業務というかプライベートで男性と連絡先を気軽に交換することすらなかったので、相手が携帯を取り出しているときは交換したいサインだとやっとわかりました。ずっと長いことあこがれていた人も最初の時点で携帯いじってたけど、意味が分かってなかったです。

もしかしてと思ったけど、まさかね、とも思った。正直そういう時は連絡先を書いた紙をこっそり渡してくれるとか好意があるということも含めてわかるようにスマートにふるまってほしいというのはわがままかなぁ…。遠回しすぎてポカーンとみてるだけですし。連絡先を気軽に交換って、ただの友達としてなのか遊びなのかもわからないし。

昔気質(むかしかたぎ)なので、文の交換のほうがしっくりきます…^^;今更知ったところで何を送っていいかもわからないのでなにもしない。連絡先交換しようよみたいなノリを想像すると嫌悪感がわくタイプというか。そういうことはこっそりとしたいというか。皆が皆草食がすぎるので、行動がなにを意図するのかおぼろげにわかってもわたしも草食なので率直に好意を粘り強く示してくれる人にどうしても惹かれますよね…。

気になる人がいたらある程度男性も動かないと多分埒があかない気がする…。わたしは動かないです。というか全くどう動けばいいかわからないけど、相手が女性側、あっちから来てくれたラッキーみたいに思うんだなと想像した時点で動く気をなくします。

なんだろう、好意を示してくれる人に対しても、なにかわたしに冷めたとき、冷たくなるのかなとか想像してしまって、なんでそんなに人が信じられないのだろうかと思います。恋愛がど下手なことに気付きました。